読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年も家計応援!デジタルを比較に比較し「厳選」した1つの商品 |

購入の切っ掛けは!最近 目盛りが見づらくなってきた・・・ということですね。コストの高低が性能に顕著に反映する測定器のなかではコストパフォーマンスに優れていると思います。DIYには必要十分ですね。

こ、これですっ♪

2017年03月27日 ランキング上位商品↑

デジタル「0.01〜150.0mmまで測定可能!」デジタルノギス

詳しくはこちら b y 楽 天

デジタルメーター付きノギス。若干動き(滑り)がぎこちない部分がありますが、通常使用では問題にならないレベルです。かなり安いですが!一応1/100mmしっかり計測できてるので良いと思います。+-1/100の誤差はたまに出ますが、私の用途ではあまり気にはなりません。僕が子供の頃は!・・・ やめておこう。安い価格ですが何の問題もありませんでした。測る物のおおよその大きさに開いてから、当てれば、傷つくかも、とかいう心配も無く。1,000円以下の商品だから!素材もABSかと思ったが!ちゃんとスチール製のしっかりした商品でした。普通のノギスは簡易的なものを含めて5本持っていますが!デジタルはこれが初めてです(仕事では使っていますが)。スライダーを動かしたときに“シャリシャリ”いうのもちょっと気になります。このノギスはインチ対応ということは!MADE IN USA(若しくはプロデュース)だと思いますが!やはり国内のブランド品(?)に比べると若干見劣りします。デジタルノギスがこの値段で!しかも何の問題もなく使えるとは驚きです。基準を持たないので精度は不明ですが!電源投入後ゼロ設定しても!しばらく使うと0.01ドリフトしたりするので!そのぐらいの誤差はありそう。今回の製品はデジタル表示なので!素人でも正確に値が取れるところがお勧めです。デジタルノギスがこの価格購入出来るなんて最高です、日本語の説明書が有れば言う事無しです、ノギスの読み方は中学校の時勉強したのですが、女房にそれを教えるのは大変。目的次第ですが、自分にとっては十分な精度でした。とりあえず身近なものを測っています。半値以下!最安値でした。カーボン製を考えたのは、測定することで傷をつけたくなかったのと、カーボンのが軽いらしくて。X軸!Y軸!普段使い用の3本購入しました。細かな商品が多く選びやすくていいです。箱に入ったものが良かったのと(箱は黒のプラスチック?でした、あと電池を入れてくださっていました)、150は欲しいと思っていて、カーボン製のちょっとだけ値段が高いのと迷いました。それに!不正輸出事件などで問題が指摘されているミツトヨ製品をボイコットできるという点でも!他の選択肢ができることは喜ばしい。安くなったものです。精度については1/10mmまで信頼できれば良いと思ってますので!もう1本ほしいくらいです。使い方も非常に簡単!ある寸法をゼロでリセットすると!そこからの寸法表示もできるため!アナログノギスにはない使い方も出来ます。自分で定規で測るより正確ならOKという目的なら!おすすめです。ホームセンターでデジタルの物は4000円近くして手が出せなかったのですが!この値段ですから2つも買ってしまいました。残念なのが目盛。卓上旋盤の目盛りが見にくかったので!デジタル化しました。日常ユースでは問題ない使用感です。約1cmという表示の物を測定して、10.07mm、なんて表示されたら、びっくり&嬉しくて、身の周りの物を、意味無く測りたくなりました。以前から欲しいと思っていましたが(早く買えば良かった!!)!初めて!デジタルノギスを使いました。精度がどの程度か心配でしたが!家庭で使う分には十分です。ほとんど!外径しか測定しないですから!デプスバーとか無くてもいいですし(付いてます)。ちなみに、知り合いのネジ屋さんの校正済みの物と比べてもらったのですが、1/10まではドンピシャ!家庭用や趣味用途のノギスが、送料合わせて1,000円以上は買い!と思います。国内メーカーであるミツトヨの製品であれば1万円くらいするところですが、それが千円以下で入手できるというのは嬉しい限りです。海外通販で手配するより安く購入出来ました。目盛を読むわけではないので、どーでもいいのですが、貼ってある目盛シールにしわがよってました。形が球状でも凸凹があっても測定してくれて、デジタル表示してくれて、本体の重さも(初ノギスなので他のはわからないですが)、当方、非力な女性ですが、そんな感じません、片手で大丈夫。とても使いやすく0.01mmまで測定できるので正確な測定が気軽にできるので便利です。家庭で趣味に使うので!きっちり精密は求めていませんし!最初だから!カーボン製でなくていいかな!と思いましたが!十分です。。また利用しようと思います。